« 今年、初検査 | トップページ | フレーム修理 »

2013年3月10日 (日)

初めて見た、故障原因

市内、KさんのSA,高速走行で回転が伸びず、ノッキング(たぶんガバナーの故障)するということで去年の暮れから依頼されてましたが、除雪などで忙しく、引き取り出来ませんでしたが、雪も落ち着き一段落。今月は年度末で月末から忙しくなりそうなので、今のうちと早々に引き取り、ポイント~ガバナーを取り外し点検、ん、ん、何か変、・・・、進角しない。ガバナーとポイントカムがグリースの劣化で固着、錆びて同化した、進角不良が原因でした。簡単には抜けずに、プーラーを使い、抜き取り成功。綺麗に掃除をして、スプリングハンガー部分を補強しウエート、スプリングとも破損、がたつきもなく、グリース交換、組み付けでKO

約35年近くW1に、たずさって来ましたが,初めて見た故障の原因でした。

Cimg2194

Cimg2198_2

Cimg2195

Cimg2200 Cimg2201 Cimg2202  

Cimg2204_2

出来上がり

Cimg2205

|

« 今年、初検査 | トップページ | フレーム修理 »

門左衛門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて見た、故障原因:

« 今年、初検査 | トップページ | フレーム修理 »