« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

CB750

オイルフィルターオイル漏れの為、3~4回と脱着を繰り返すうちにとうとうフィルターが割れた、と言うよりも、割ってしまった、・・・・・。とりあえず中古のK2用フェルターを取り付け、エンジン始動。キャブクリン風呂が効いたせいかアイドリング安定、しかしプラグキャップが、劣化、リーク発見・・・、またもパーツのオーダー。農繁期前に出来るなるかな~。

Cimg0670


Cimg0671_2


Cimg0672








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

CB750の合間に

CB7503番キャブレター調子が出ず・・・、中古パーツもなく・・・。とりあえず、荒れたキャブをキャブクリン風呂に、入浴させました。

Cimg0663

Cimg0664


その合間に、今年のみちのくミーテング、のテーマでもある、スモールツインのキャブ掃除でもと思い作業。で・し・た・が・ピストンバルブが・・・・、ぬ・け・な・い・・・。ひいたあで温めること数分、動いた、ほっ。内部もまずはセーフ、えがった、えがった

Cimg0665


Cimg0666


Cimg0667


Cimg0668

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

入れ替わりでもう1台

SAの引取りと同時に、Sの修理依頼・・・。いつになったら、自分のバイクに取り掛かれることやら・・・

これって嬉しい悲鳴?

Cimg0658

Cimg0659


Cimg0660

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

CB750 キャブレター調整

CB750も最終段階に入り、オーバーホール後のキャブレター同調作業中ですが、オイルフィルターからのオイル漏れ3回目の為作業中止、対策を考え中。

Cimg0645


Cimg0646


Cimg0647


Cimg0650


Cimg0649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

SA出来上がり

昨日、マイコンピューターのリセットも終わり、改めて再点検、市内、某内科医さんから、譲り受けた内視鏡で、プラグホールより燃焼室の点検、やはり左右ともオイル上がりがひどい。スロットル前回でインテークバルブを見てみると、やはりオイルまみれ。やはりだめか、早々に気を取り直し、ストックのオーバーサイズ、シリンダーピストン、を組み付け、おもむろにキック、2回ドドドと一気に吹け上がり、排気も臭くない、ヤッターマン

今回のNG、たしかリング合口の隙間は、0、6(使用限度は0、7mm)ギリギリでクリアーとおもい組み付けたのが今回の原因でした。秋田カワサキ当時のマニュアルコピーのせいか基準違い?・・・・でわ無い、たまたまマニュアルに依存したせいかも・・・。

Cimg0629

Cimg0630


Cimg0628


Cimg0631


Cimg0641


Cimg0642


Cimg0643_2


アイドリング安定(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

雪遊びで一休み

w1のメンテも上手くいかず、近所の子供達と、昔を思い出し、軒下で雪遊びで、あっという間に時間が過ぎて、マイコンピューターのリセット、も完了致しました。

Cimg0633


Cimg0635_2




Cimg0638


Cimg0637





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

またバラシ!!

故障原因、改善ならず、もう一度分解したが???。

Cimg0620


Cimg0621


Cimg0622


Cimg0623

特定できず?、明日考えよう・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

エンジン始動、SA

とりあえず仮組み、エンジンも安定して、今のところ、成功(大げさですが)。あとは明日の朝、始動時にオイル下がりがなければOK。

Cimg0615


Cimg0619


Cimg0618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

改造車SA

バルブステムシール取り替えで入庫のSA、早々にシートを取り外しんんん、こんな所にツールボックスが・・。

Cimg0614_2

Cimg0600_2


Cimg0599_2



所定の場所にコイルがない・・・?、もしやダイレクトコイル??でもない。リヤフェンダーはカットされ、フレーム下側には12Vエアーコンプレッサー装着とのこと、すごいの一言。気を取り直しタンクの取り外し、出た~コイルが・・。この状態ではヘットが外れず、しかも知恵の輪状態の取り付け、格闘すること30分やっと外れた

Cimg0598

Cimg0603_2

ここまで来ると何時もどうりで、バルブシート研磨、リフェースすり合わせ、漏れチックで、やっと朝ごはんが食べれる、これが本当の朝飯前か?。

Cimg0611


Cimg0610


Cimg0612


Cimg0613

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »